熟女をセックスで満足させるには、体位や前戯の工夫によって、あなたなしではいられなくなるほどの快感を与えることができます。そのテクニックの秘密を、説明していきます。

熟女が喜びやすい体位とは?

まずは、女性の性器の付き方によって体位を変えてみましょう。性器が「上付き」なのか「下つき」なのかによって、ベストな体位は異なります。上付きとは、性器が体の前側により近いところにあり、下つきとは肛門に近い側に性器が寄っている状態を言います。

若いときは女性の大半は下つきですが、40代を超えると体型の変化によって上付きの人が増えてきます。最初に、正規の位置を確認しておきましょう。

上付きの場合は、正常位の体位が楽で、女性も満足しやすくなります。逆に下つきなら、後背位(バック)のほうが挿入しやすいです。

前戯は膣開発を念入りにしよう

女性が膣で絶頂に達するには、前戯の段階で感度を良くするために丁寧に愛撫をして、徐々に高める準備をしておくのがポイントです。膣開発とも言いますが、これだけでも女性をかなり気持ちよくさせるのが可能です。言葉でも攻めていき、本番までのムードを徐々に高めましょう。

注意点は、AVでよくあるように手を激しく動かさないことです。性行為に慣れていない女性だと痛みもあるので、嫌がられます。マッサージみたいなイメージで、相手の反応を見つつ優しく丁寧に行いましょう。終わったら女性が落ち着くまで一旦休憩してから、次の段階に移ってください。

後戯も欠かさずに行うこと

熟女が次会もセックスしたいか思うかどうかは、後戯の気持ちよさも影響します。本番が終わったらすぐ寝たりさっさと着替えるのは味気ないし、どこか物足りなさも残ります。少なくとも20~30分くらいは、余韻に浸ってゆっくりくつろぐ時間が欲しいですね。

行為が終わった後は、「とてもよかったよ」など、一声かけてあげると、最後まで女性を喜ばせられます。なかなか言葉で言わないと分からないこともあるので、きちんと気持ちを示すと、内心自分の身体に自信が無かった熟女も安心するのです。

まとめ

熟女セフレとは濃厚なセックスができますが、ただ激しければ満足できるわけではありません。愛情も伝わるように、最初から最後まで時間をかけて行うのが基本です。せっかくの縁なのだから、「また会いたい!」と女性が思ってくれるような、次につながる本当に気持ちのいい行為を心がけたいですね。