人妻の熟女セフレと不倫デートの際には、旦那にばれたときの離婚や慰謝料といった多大なリスクが伴うため、徹底的な対策を怠るべきではありません。浮気や不倫に慣れていないと見落としがちな危険なところ、デート前に慎重に確認しておきたいチェックポイントは以下の通りです。

メール交換の時に気を付ける点

不倫に慣れている人妻ならともかく、こちらの連絡先やメールの送受信履歴が残っているのを旦那に見つかっては危険です。その点を徹底しているか、確認しておきましょう。住所や仕事などの個人情報はもちろん、本名を明かすのも極力避けましょう。

不倫メール用のアドレスはすぐに抹消できるフリーメールがオススメです。万が一不倫が発覚しても身を守る余地ができます。

デートの約束をするときの注意点

会う日にちや時間帯、待ち合わせ場所については人妻の都合優先だと、旦那にばれる可能性を大きく下げられます。特に、出張中や夜も帰れない日は狙い目です。

会う場所はお互いの家から遠い場所に設定し、人目が少ないところか、混みあっていて目立ちにくいスポットが安全です。何処に行っていたのかと追及された場合も考慮して、アリバイ作りもしっかり準備しておきましょう。

熟女とデート中に気を付けること

デート中の行為や痕跡によって些細なきっかけから不倫が露呈するおそれもあります。それを極力回避するのは、次の点に配慮しながら証拠を徹底的に隠滅しましょう。

  • デート中の出費はできるだけ男性が支払う
  • (人妻の不自然な浪費が夫にばれるリスクを回避できます)

  • こちらを追っているような不自然な人や車の動きに注意する
  • (旦那が依頼した浮気調査の可能性があります)

  • 夫から電話がかかってきたときの対応を考えておく
  • (慌てて電話を切るのではなく、スラスラと自然な応答ができるアリバイを準備しておきましょう)

  • ホテルに入る時は特に、誰かに見られていないか慎重にチェックする
  • 性行為中は避妊対策を徹底的にする
  • キスマークやプレイ中の跡が体に残らないようにする
  • 人妻の体力を使いすぎないようハードは行為は極力避ける
  • (いつもと違う様子を旦那に悟られる恐れがあります)

本気にならないこと

身体の関係を持つと愛着やエゴが芽生えてきて、不倫から本気になった結果、気持ちや行動にコントロールがつかなくなるリスクもあります。

人妻の事情も考えずエゴを通そうとすると悲惨な結果にもつながりかねないので、まずは男性が割り切りの意識をしっかり持っているのが肝心です。